MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

加須市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報

室内の湿気、壁内・室内のカビ発生 、断熱等の改善を期待しています。 断熱材、シート類も安価で良い物があればお願いします。 B、天井を勾配天井で検討中です。現在の野地板下の垂木に、交差に野縁を流し石膏ボード(仕上げクロス)にて施工する際、外部から、瓦→ルーフィング→野地板→垂木→野縁(断熱材)→防湿シート→ボード(クロス)でよろしいでしょか? 瓦→垂木は現状のままです。断熱材はホームセンターでも見かけるガラス繊維性のもの(ビニールにて包まれている)を使います。 防湿シートはやはり必要でしょうか?また石膏ボードではなく9mm合板でも可能でしょうか?通気層的なものは垂木部分で確保できるのでしょうか?外部との換気口も必要ですよね? 天井に関しては何しろ自身がありません。 施工方法、資材、防湿対策等、些細なことなんでも構いません、何かアドバイスがあればお願いします。
住宅建築の場合の『階段』の広さについて(書直し出直し質問) <二階建てか平屋の屋根裏収納(ロフト造り)か> **** 固定階段を設けて、屋根裏に7坪(高さ2,3mの部屋空間+換気窓付きの収納場所を設ける。 その場合の階段の広さは、85cm以上でなければダメですか。 建築士からは、屋根裏収納ロフトなら高さが1.4m以下が条件になると聞いています。 実際の実用目的は、古い専門書が多くて別棟に倉庫を建設するほどの経済的な余裕がないため平屋住宅にロフト(屋根裏収納)を設けることが可能と聞いて計画した7坪ですが・・・ この場合に法規定の屋根裏ロフトに移動可能なハシゴでは心配のため倉庫向けの幅50cmの固定階段を設けようというものですが・・・ 1) 固定階段は幅50cmでは、違法建設になりますか。 2) 目的が収納用であれ、上記の事例はその理由の如何を問わず床面積に含まれる部屋に該当しますか。 3)ロフト造りは、固定階段を不可とする市町村もあると聞きますが判断基準はそんな曖昧な裁量評価になっているのですか。 今現在、新築を前提に二階建て扱いにすべきか平屋ロフト造りにすべきかで迷っています。 受持ちの設計士からは、二階建てなら階段幅が最低85cmは必要といいます。これは絶対厳守ですか? 名案・妙案があったら教えて下さい。